【モテる男】欠点を直すのではなくまず長所を伸ばそう

女性にモテる男になるため、欠点を克服しようと奮闘するものです。私も過去に欠点を克服しようと努力してきましたが、あることに気付きました。それは欠点を直すことよりも【長所】を伸ばすことの方が難しいのです。

欠点を直すことよりも長所を伸ばすメリットについて説明します。

長所を伸ばす方がモテる

欠点は直しやすいが長所は伸ばしにくい

欠点を直す努力をしている人を否定しているわけではありません。私も何度も欠点を克服しようとしてきました。欠点ばかりじゃなくて、今度は長所を伸ばそうと思い何度か実践してみましたが、長所を伸ばそうとしても上手くイメージができず『これでいいのかわからない』という状態に陥ってしまいました。結果的に長所が伸びたことは自分自身ではあまり感じませんでした。

理由はとてもシンプルです。欠点というものは、普通の人にあるものが【欠けている】ということです。欠点を直そうと思えば普通の人と自分を見比べてどうやって直していけばいいのかは普通の人の行動から簡単にヒントが得られます。ヒントというよりは模範解答が身近にあるということですね。

しかし、長所はどうでしょうか?長所というものは普通の人より【長けている】所です。もうおわかりでしょうが、長所を伸ばそうと普通の人をみても”模範”となるものが無いため、真似もできません。自分と同じ長所がより伸びた人を見つけることができればいいのですが、そんな人が身近にいる可能性は低いので自分のイメージでどんどん伸ばしていかなければなりません。

欠点に比べたら3倍も4倍も苦労するのです。

少々の欠点も長所で打ち消し

長所というものは、その人のイメージを作り上げるのにもってこいの要素です。長所が群を抜いて素晴らしいものであった場合、その人の【いいイメージ】が出来上がります。第一印象に似た感覚です。そのいいイメージが出来上がった人が多少の欠点を見せても『そういうところもあるよね』と認めてもらえます。ところが突出した長所がない人はたった1つの欠点が浮き彫りになってしまっただけで『いい人だと思ってたのに残念ね』と減点されてしまうのです。

特に長所が見当たらない人というのは、少しの欠点で悪いイメージが付きやすくなってしまうのです。

欠点を無くすだけではつまらない男

仮に突出した長所がない人に10個欠点があったとします。女性にモテようと欠点を直す努力をして、10個の欠点を直しました。もう欠点はありませんが目立った長所もありません。

さて、女性はこんな男を見た時に魅力を感じるでしょうか?

もちろん【可も無く不可も無い】人を探すのは難しいことです。しかし仮に欠点がない男と出会った時、まずは期待して長所を探そうとします。しかし長所が見つかりません。だから今度は欠点を探そうとします。欠点が無い男なのですが、欠点があるように見えてくるのが日本人の心理です。日本人の心理と書いたのは、世界の人が同じ心理とは言い切れないからです。長所を探すよりも欠点を探すことに長けている日本人ならではの心理です。

そして、普通欠点と思わないことまで欠点に思えてしまい『長所が無いのに欠点が多い人だわ』と勘違いされるのです。

つまり、それだけ長所が無い人というものは魅力的に見えないということであり、欠点を直すことは大切ですがそれ以上に長所を伸ばすことが大切なのです。






このページの先頭へ