強くてやさしい男は【愛情の放置】が得意

女性の気を引くためにマメに連絡をすることは、好感度アップに繋がります。しかし、それが【自分から女性が離れていきそうで】という不安をぬぐうためであるとしたら、彼女のためではなく自分のための行動となっています。

本当にやさしい強い男は時に【愛情】も放置するのです。その仕組みを説明します。

愛情も時には放置が必要

本当のやさしさの表れ

本当に【やさしい】男とはどういうものなのか?という記事でも男のやさしさについて詳しく触れましたが、今回は心の【強さ】を伴う男の優しさを解説します。

やさしさというものは相手に無償の愛情を注ぐということに似ています。無償というものは【見返り】を求めないということです。相手から愛情が返ってくることを期待した上でのやさしさは、本当にやさしくしていることには当てはまらず、相手から何かしてもらうために自分が演じていることに過ぎません。

まず、第一にこれが挙げられます。相手からの見返りは一切求めずに無償の愛情を注ぐのです。

自分の慰めに愛情を利用しない

【愛情】とカッコよく言っているわりに、内心【自分の不安を取り除く】ために女性にベッタリな人がいます。好きな女性と繋がっていれば誰だって安心します。しかしそれが麻薬のように依存症になってしまうケースがあります。本人は愛情を注いでいる気持ちでいっぱいになっているようですが、暇があれば女性に連絡を取っている。暇があれば女性にプレゼントを製作している。なんて行動を取っている男がいます。

常に女性に愛情を注ぐ自分に酔っているのです。また、女性と繋がっていない状態に耐えることができない【弱い心】の表れでもあるのです。こんなにべったりでは、いくら女性がまんざらで無くても、何から何までしてくれる男といては女性が全く成長できません。よかれと思って注いだ愛情が裏目に出ているのです。要は自分だけがよければそれでいい、という考えが出ています。

本当に強くてやさしい男

本当に強くてやさしい心を持った男というのは【愛情】を【放置】します。

相手女性の【自分の時間】を尊重するために、連絡はそこまで取ろうとしません。しかし、たまに取る連絡で無償の愛情を注ぐのです。

これが愛情の放置です。女性としては『私に興味無くなったのかな?』と一瞬疑いますが、いざ連絡を取ったり、会ったりするととても多くの愛情を注いでくれるのです。女性は男と常に連絡を取っていないため、空いている時間を自分のために使うことができ、成長もしますし間隔が開いても無償の愛情を注ぎこんでくれる男にもうメロメロです。また、間隔が空けば自分にとって相手が本当に必要なのかをじっくり考えることもできます。

女性に連絡を取りたい気持ち、女性が離れてしまうんじゃないかという不安等を抑えて、女性自身の成長を願う男は真にやさしく強い男であるのです。久々に会った時に、思う存分愛情を注げばいいのです。






このページの先頭へ