本当に【やさしい】男とはどういうものなのか?

よく【やさしい】男が好き!と女性が言っているのをみかけますが、優しい男というものはどういう男のことなのでしょうか?男が思う【やさしさ】と女性が思う【やさしさ】に少々食い違いがあると思います。

なぜなら、ほとんどの女性が【やさしい男が好き】と言っておきながら世の中の優しい男が群を抜いてモテているように見えないからです。

女性が思う【やさしい】男の定義

では女性が思うやさしい男の定義とは何でしょうか?

基本は万人にやさしいこと

女性が思うやさしい男について、相手の女性にだけ優しくすることはその人がやさしいことの証明にならないと記事を書きました。

女性は男の本質を自分が受けたことの他に、第三者に対してどう振る舞っているかで判断します。まずそれが男と女の違いです。男は基本的に自分に対して優しくされると『あっ、この子はやさしいんだな』と認識しますが、女性の場合『この男性はやさしいかもしれない。後は私以外の人に対してどう振る舞っているかがポイントね』と思うのです。

【私にだけ】やさしくしてほしいという女性の言い分もよく聞くのですが、私にだけやさしくしてほしいというのは相手の男がやさしいと分かった上での言い分です。つまり、相手の男が第三者にも優しく接している場面を見たこともないのに、自分だけにやさしくしていると男が本当にやさしいのか分からないままになってしまいます。

したがって、女性にだけやさしくするのは付き合う直前、あるいは付き合ってからでも遅くないでしょう。

相手に合わせるやさしさ

やさしさを決定する1つの要素に【相手の意見を尊重する】というものがあります。相手の意見を尊重することは相手を認めるということであり、自分が正しいと思っていても相手の意見を聞きます。その姿勢がやさしさを与えることとなり、相手にも自分が持っているやさしさが伝わるのです。

しかし、これをやり過ぎると【やさしさ】は無くなり【ただの意思が弱い男】となってしまうのです。相手の意見に合わせようとしすぎてしまい、自分が本当に思っていることを言えなくなってしまうのです。これでは本当にやさしい男になったと言えません。

たとえ女性が【わざと】間違ったことを言って試しても『うん、○○ちゃんの言う通りだよ』と言っていては中身のない男として女性の中で固まってしまいます。あまりにも相手に合わせると、意見に賛成する言葉にも心がこもらなくなり、機械的な返事しか生まなくなります。本当のやさしさとは、自分の意見をしっかり持ちつつ、相手の意見を聞く事なのです。

肝心な時に逃げ出す

やさしさというものは、相手を如何に思っているかの現れでもあります。女性とのデート中、女性の話に合わせ、荷物を持ってあげたり、ドアを開けてエスコートしたり・・・と一見やさしい紳士的な振舞いなようにみえますが、女性が相手の男を【やさしい】とは決定できません。

やさしい→私を思ってくれる→私が本当に困った時に助けてくれる。と思っています。何が言いたいのかというと、これらのやさしさは【上辺】だけのやさしさであるということです。もちろんこの振舞いが女性の好感度を上げる事は、ほぼ間違いないのですが、言いかえれば【誰にでもできる】ことです。

本当に困った時に助けてくれる男をやさしい男と女性は認識するため、悲しい出来事があれば慰めてあげたり、ハプニングがあった時も真っ先に彼女のことを考えてあげることがやさしさの現れです。

上辺だけのやさしさがあっても、こういった肝心な場面で女性よりも自分を優先してしまうという、いわゆる逃げ出してしまう男がいます。これでは本当にやさしい男とは言えません。

本当にやさしいのであれば、大事な場面になればなるほど女性にやさしくするのが道理です。

世話をし過ぎる

世話をすることは愛情表現の1つなのですが、相手の何からなにまで世話をすることが正しいやさしさではありません。自分でやれることはやらせる。その中で手伝ってもらうととても助かることだけに的を絞って手伝うのです。

例えば、デート中に女性のカバンを持つのではなく、買い物をして新たに追加された荷物だけを持ってあげることです。女性はカバンも服装に合わせたものを持ってきているため、カバンを持ってあげる行為は相手のファッションを崩してしまいます。ましてや相手のカバンは、相手にとってそこまで重く感じていません。なぜなら、そんな重いカバンをデート中に持ち歩こうなんて考えていないからです。

持ってあげるのは、買い物で発生した荷物だけでよいのです。

他には相手の靴を履かせてあげるとかです。

カバンを持ってあげることもそうですが、その行為により【男】がすたります。 男としての威厳を損なう行為であれば、やさしさよりも自分を保つことを優先させましょう。






このページの先頭へ