前向きな仕事の話をして女性に好意を抱いてもらおう

社会人である以上仕事に対する悩みはだれだってあるものです。通勤時間を入れると起きている時間の大半は仕事になる人が多いのですから、会話の話題も仕事に関することがほとんどな場合だってありますよね。

そして、仕事の愚痴はつきもので、そうやってストレスを発散させて心の健康を保っています。しかし、恋愛においては相手の好感度というものが関係してきます。

仕事の話は前向きに

前向きな男と弱音を吐く男

女性へのアプローチ全てに言えることですが、問題点をシンプルに考えるとおのずと答えが見えてきます。

【前向きな男】と【弱音を吐く男】

どちらが女性の好感度が上がるでしょうか?

ほとんどの人が【前向きな男】と答えるでしょう。恋愛におけるテクニックとして、時に弱音を吐き【相手を信頼している】ことを伝える方法がありますが、いつも弱音を吐いていればただの弱い男です。

女性は男を評価する時【健康的で前向き】であることはプラスにはたらきます。女性は些細なことで悩みを抱え、人間関係でのストレスも男より多く抱えてるため、マイナス思考に陥っている傾向にあります。

つまり男に求める要素は【プラス】です。男がマイナスオーラを出していては、一緒にいる女性までもマイナスオーラを放ってしまうようになるため、この男と一緒にいると自分がダメになってしまう。将来が不安。いい子孫を残せない。と本能的に思ってしまうのです

ですから、女性のとの会話で仕事の話題があがったら【前向き】な話を努めましょう。特に出会って間もない頃に、仕事の愚痴や上司の悪口を言っていては弱い男と見られてしまいますし、一緒にいて楽しいとは感じません。

ぐだぐた話すのもマイナス

男は議論が好きな生き物で、たとえ前向きな仕事の話をしたとしても長時間その話題を引きずっているようであればそれはマイナスの評価になります。ですから仕事の内容や将来の目標に関することを簡潔に話し、相手の女性が食いついてきた内容だけ掘り下げて自分の意見と相手の意見が五分五分になるよう会話をリードすることが好評価に繋がるでしょう。

できれば難しい話は避けたいところで、専門外の人が聞いても分かるよう噛み砕いで説明することが会話を盛り上げる要因となります。

よく自分しか知らない仕事の用語を並べて【できる男】を演出する男がいますが、女性からすればただの自慢話にしか聞こえないため避けるべきです。

何かに向かって一生懸命な男に魅力を感じるため、前向きな仕事の話をすることがいい結果を招くのです。






このページの先頭へ