【話の振り方】女性との会話をリードできる男になる

女性は話好きであり、話上手です。女性の話を聞く事がモテる男になるための基本的なことですが、かといって男側が何も喋らないと会話が成り立ちません。

男も喋りたい事を喋って、且つ女性をリードする方法も時には会話のテクニックとして必要になってきます。会話をリードする方法を紹介します。

女性との会話をリードする方法

女性の話を聞く

会話をリードするために、まずは女性の話を【聞く】ことが基本です。女性との会話を成り立たせるには聞く事から始めます。まず逆の行動に出ます。攻めたきゃ守りを固めろなんて言いますが、女性の話を聞くことは女性を満足させることの1つであり、会話の始めから男が喋ってばかりというのは女性にとって少し窮屈に思われてしまいます。

ある程度女性の話を聞いてあげれば、相手もあなたの話を聞こうと思うでしょう。もし、女性の方からあまり喋らないようであれば最初から会話をリードしていくと良いでしょう。

【ワンポイント】

  • 女性が喋りたいようなら、まずは聞き役に徹する

話の流れを無理やり変えない

会話をリードするためには、話題が必要です。話の流れで話題が出た時はいいですが、ちょっと間が空いて自分から喋り出す時には話題が必要です。

ここで焦ってしまうと、その話題が終わって無いのに自分が喋りたいがために、無理矢理話題を変えてしまったようになることがあるので注意が必要です。ここは慣れですが、女性との話は男同士の会話とまた違って会話の流れがとても重要になってきます。

会話の流れは言わば慣れて体得するのが近道なのですが、他にもいい練習になるのでオススメなのが【ラジオ】です。ラジオというのはテレビと違って視覚情報がありません。目で見る事が出来ないので言葉だけでリスナーに分かるよう説明しなければいけないため、『これ』『それ』といった”こそあど”言葉があまり使われませんし、何より話の流れを意識しながら喋っているので聞いているだけでとてもいい勉強になります。

私自身、今までラジオなんて全く聞かなかったのですが、最近喋りが面白い番組があり夢中になって何回も聞いているととても会話の運びが上手くなっていてびっくりしました。次から次へと言葉が出てくるので、友達との会話もいつも以上に盛り上がりましたし、自分がラジオのパーソナリティになったみたいに会話をリードすることができました。

【ワンポイント】

  • 会話は流れを意識する
  • 会話をリードする力をつけるにはラジオがオススメ

ネガティブなリード方法はダメ

さて、具体的に会話をリードするにはどういう言葉をチョイスすればいいのでしょうか?またリードするからには相手に話を振ったりすることも必要ですね。

基本的にネガティブな言葉でリードするのはダメです。例えば相手をいじるのはいいですが、ちょっとバカにしたり、『今日は○○ちゃんテンション低いな』とか『さっきから喋ってないけど大丈夫?』言ってしまうと相手は”話を聞く”というよりは”話したくない”という気分になってしまいます。また、会話をリードしようとあまり質問してはいけない事を聞いたり、友達の悪口を言ったりすることはダメです。

女性は楽しい話を求めていますので、笑いが取れないのであればネガティブなワードや話を振ったりすることはやめておきましょう。

つまりポジティブな話でリードすると上手くいくことが多いのです。『○○ちゃんは旅行どこ行きたい?俺はこういうとこに行きたいな』『ペットを飼うなら何を飼ってる?オレ、今度熱帯魚飼おうと思って』

等といった未来への期待や、現在でのハッピーな出来事や妄想を語ることで相手も楽しく会話が出来るようになるのです。

時には会話の中でも女性をリードしてあげるという気くばりができるようになると、好感度も上がります。






このページの先頭へ