【モテる男の座り方】大股開いて席に座る男はダサい

男は座る時もできるだけカッコつけて座りたいと考えている人も多いです。ふんぞりかえったり、大股開いて座ったりしますよね。

また、疲れているからという理由もありますが果たして【モテる】か【モテない】であればどうなのでしょうか?

座り方で男らしさをアピールするのは間違い

男らしさをアピールするためにも、いちいちカッコつけて座る人がいますがこれは基本的にNGです。

足を組むぐらいならOKですが、ふんぞりかえったり、大股開いて座ったり、変な姿勢で座っていると女性から悪い目で見られてしまいます。

特に電車や病院の待合室、飲食店等の【公共の場】でこの座り方をすると女性はドン引きです。子供や周りの人に威圧的な態度を取って自分を上に見せることができるかもしれませんが、ダサい以外の何者でもありません。

人に迷惑がかかる

まず第一に女性は人に迷惑をかける行為を極端に嫌います。男女がお互い他人同士としても男の座り方が人に迷惑がかかるような座り方であれば『こんな男とは付き合いたくないなー』と女性側は思ってしまいます。他人ですら嫌悪感を覚えるので、これから彼女になるかもしれない女性、ましてや彼女という関係になっていれば余計嫌われてしまいます。

電車や病院の待合室は長椅子が多く、座り方をコンパクトにすればもう1人座れるというケースが多いですから、こういった【自分が正しく座っていれば他に座れる人がいた】という場面では特に気を付けておきたいところです。

だらしなく見える

姿勢が悪いと疲れて見えたり、気合いが入ってないという【心身不健康】と見られてしまいます。女性は健康的な子孫を残そうと考えているため、不健康に見えてしまう男にいい印象を抱かないのです。

ちなみに姿勢良く座っていた方が疲れません。

正しくコンパクトに座るのが正解

つまり、恋愛における座り方については男女関係なく【人に迷惑をかけない座り方】と【健康に見える座り方】が必要になってくるのです。今まで悪い姿勢で座り続けてきた人や、ガニ股がクセ付いている人にとっては足を揃えて座ることは窮屈に感じることでしょうが、誰かに迷惑がかかっていることを思えば意識できるようになるはずです。

ピタッと足をくっつけるのはさすがにきついので、足幅はおしりの幅以下に狭めていれば大丈夫です。






このページの先頭へ