歩くスピードでモテる男か決まる?

デート中や初対面で女性と並んで歩く場合に、男が歩くスピードもモテる男であるかどうかが決まります。特に男と女2人で並んで歩く時には注意した方がいいです。

では、どのように歩くスピードを調整すればモテる男になるのでしょうか?

歩くスピードを女性のペースに合わせる

歩くスピードが速い男はモテない

街中をやや速足でさっそうと歩く男は、なんだかデキル男として好印象に見えてしまいます。別にこの歩くスピードをどうこう言っているわけではありません。

だらだらゆっくり歩くより、やや速足に歩いた方が見た目は良くなります。

しかし、問題は女性を連れて歩く時です。

女性は、ヒールやサンダルといった歩きにくい靴を履いていることが多いため、歩くスピードが遅くなりがちです。勘違いしてはいけないのが【女性は自分を可愛く見せるために歩くスピードを遅くしている】のではなく【歩きにくい靴を履いているから歩くスピードが遅い】のです。

『じゃあ歩きやすい靴を履けよ』と思う人もいるかもしれませんが、女性から【オシャレ】を取ってしまうのは死活問題になってくるのでカワイイ靴を履いてきてくれる事を男として”ありがたく“思うのが礼儀です。

女性は歩きにくい靴を履いて歩くスピードが遅くなっているため、男の歩くスピードにはなかなかついていけません。男は歩きにくい靴をあまり履く機会がないため、歩くスピードが変化することがあまりありませんから、相手の歩くスピードを履いている靴から推測するという気くばりにどうしても欠けている点があります。

女性と2人並んで歩く時に、男がいつものペースで歩いてしまったらどうでしょうか?女性は男の歩くスピードについていくのに必死になってしまいますし、無理をして歩いているのですぐ靴擦れを起こしてしまう可能性もあります。足をくじいてケガをしてしまうかもしれません。

つまり女性にとって、男にいつものスピードで歩いてもらっていてはかなりのエネルギー使いますし、足にトラブルが発生する確率も高くなってしまいます。そうです、男は歩くスピードが速いと女性にストレスを与えてしまうのです。

これでは男にいい印象を抱くはずがありません。

『自分のペースで歩いて自己中』

『私の状況がわからないの?』

等と不満が溜まってしまいます。

『歩く速さはこれぐらいでいい?』

そこで、女性の歩くスピードに合わせてみましょう。相手の歩幅を見て、自分が適切なスピードを調整できればいいのですが、どの程度の速さが最適なのか分からない場合は『歩く速さはこれぐらい?』と聞いてみましょう。

恥ずかしいことはありません。むしろ声をかけて露骨に聞いてあげる方が、男として優しさをアピール出来ると共に女性は『エスコートされている』と嬉しい実感も湧きやすいでしょう。中にはわざわざ聞かれる事を嫌がる女性もいますが、まだ関係が深くない場合は声をかけてあげるに越したことはありません。

相手に合わせていつもよりゆっくり歩いてあげることは、モテる男に必要な気くばりなのです。

次は1人で歩いている時、好印象となる歩き方を紹介します→【デキル男に見せるために】颯爽と歩く男はモテる






このページの先頭へ