タイプの女性は?と聞かれた時の適切な返し方

タイプの女性は?と聞かれた時の適切な返し方

『タイプの女の子ってどんな子?』と初対面の女性からは特によく聞かれるフレーズです。

『俺の価値観をアピールするチャンス!!』と喜ぶのはチョット待って下さい。あなたがタイプの女性を語ると、相手女性から”恋愛対象外“にされてしまう可能性があります。今回は、タイプの女性を聞かれた時の適切な返し方を紹介します。

相手をその気にさせる【タイプの女性】の伝え方

恋愛対象から外されないために

モテる男なるということは、好きになった女性を彼女に出来て初めてモテると宣言できます。つまり、モテるためのテクニックというものは、基本的に【彼女にするテクニック・彼女と長続きさせるテクニック】が大前提です。

気になっている女性を彼女にするためにも、相手の女性があなたを”恋愛対象外“にしてしまったら始まる恋も始まりません。そんなチャンスを崩してしまわないように、言葉選びは慎重にするのが男の努めです。

『タイプの女性はどんな子?』と聞く女性の心理を考えてみましょう。単純な興味から聞いてくることもありますが、これからあなたと恋愛に発展する可能性が”無い”時にそんなことは聞かないでしょう。一定レベル以上仲良くなった女性にタイプを聞かれるのはまた別です。

彼女が出来ないと相談しているシチュエーションを除いて、2人で話している時、特に出会ってから間もない時にこの質問が来た場合は、『あなたを恋愛対象にするかもしれないわよ』と宣戦布告しているとも受け取れるのです。

したがって『タイプの子はどんな子?』と聞かれた時の返しは特に慎重に言葉を選ばないといけません。

相手の子が気になっていて、その子に好きになってもらうために、『君のような子がタイプ』と答えるのも1つのテクニックでしょう。自分のタイプにウソを付いても、恋愛におけるテクニックとして邪道ではないかと思います。

しかし、ついたウソというものはいつかはバレてしまうもの。ましてや付いたウソが功をなして彼女に出来たなら、尚更バレた時に振られる可能性が高いでしょう。

そこで、ここではウソをつかずに伝えることをオススメします。

外見よりも内面を語る

女性のタイプを伝える時にタブーなのが【外見】に関することです。

『痩せている子がタイプ』

『足が細い子がタイプ』

『目は一重がいい』

とか、体型や顔に関することは基本的にNGです。なぜなら、体型や顔は過激なダイエットや整形をしないかぎりごまかせないからです。足が太いことをコンプレックスに感じている子に『足は細い子がタイプ』と返してしまったら、『おまえは俺の恋愛対象じゃないんだよ』と言っているのと同じです。

外見は、変えようにもなかなか変えられない部分が多く、そんな返答がきて自分に当てはまらい所が1つでも無ければ女性はあなたを恋愛対象から外してしまう可能性が高いです。

つまり、『タイプの女性は?』と聞かれた時の適切な返し方とは【女性の内面】に重点を置いて返答することなのです。

内面であれば、恋のため気を付けて直そうと思いますし、変な言い方ですが猫をかぶることだってできます。女性側としては安心する返答なのです。

内面でも『優しくて、面倒見が良くて、気品があって・・・それから・・・』といくつも挙げるのはNGです。多くても3つぐらいにとどめておきましょう。もっと工夫するなら『万人に共通しているようなこと』や『ちょっと気を付ければあなたが言ったタイプの子を演じることが出来る内容』を伝えましょう。もちろんウソを付かずに伝えます。

恋のハードルを低くすることで、相手はあなたに近づきやすくなります。この場合は安っぽい男と思われても仕方がありません。最後にはお世辞でもいいので『君も僕のタイプだよ』と伝えてあげましょう。






このページの先頭へ