時に【男の涙】はモテる裏技となる

時に【男の涙】はモテる裏技となる

男は基本自分の感情を押し殺すことが美徳とされている。しかし、時に感情を抑える事ができず”つい”涙をこぼすこともあるでしょう。

『涙を見せてしまった』と恥ずかしい思いをしている横で、女性があなたをイイ男に感じているかもしれません。

男の涙は放っておけなくなる

時に見せる弱みに女性は弱い

時に見せる弱みに女性は弱い】と書きましたが、男女に共通している感情だと思います。

男は基本的に自分の感情を押し殺すことが美徳とされています。苦しい、つらい、痛い等といった【弱音】を吐くことは男失格の証でもあると価値観が生まれている程です。『男だったら泣くな』と言われて育ってきた人も多いのではないでしょうか?しかし、男も女性と同じ人間です。つらい時もあれば苦しい時もあります。泣きたい時だってしょっちゅうあります。

特に女性の前で弱音を吐いたり泣いてしまうことは、とても恥ずかしいことであるという認識がありますが【女性の前で1回でも泣いてしまったら嫌われる】なんて法則はありません。

涙に敏感なのが男ですが、それは普段から泣く事があまりなく、涙をとても特別なことに感じているからでしょう。女性は泣く事が多いのである意味涙慣れしています。

ですから、抑えきれなかった悲しみは涙を流す程泣いてもいいのです。

普段は気丈に振る舞っていた男が、ある時感情を抑えきれずに涙を流してしまったら女性はどう思うでしょうか?

『この人もつらい時は涙を流すんだな』とほとんどの女性が思うでしょう。そしてその中の何人かが、

『この人のことは放っておけない』

と思うのです。相手の男が弱い生き物だと認識したから『放っておけない』と思ったわけではありません。『私が支えてあげないと』と思ったから放っておけないと思ったのです。

見た目だけではその人の魅力の全てが分からず、内面に潜む真の感情を表に出し相手に見せる事で真の魅力が発揮されるものです。ですから、いつも感情を抑えている人は時には感情を表に出す事も大切なことなのです。

いつも感情を解放している人は効果半減

かといって”涙”をたくさん見せれば女性が寄ってくるかというとそうではありません。いつも感情を抑えずに悲しい事があった時にすぐ泣いてしまうようであれば、それはただの【泣き虫】です。弱い男して見られてしまいます。

それに、普段涙を見せない人が稀に涙を流すからこそその一瞬が輝くのであって、普段から泣いている人はその1回の涙の魅力というものは半減しているでしょう。






このページの先頭へ