モテる会話はテレビからでも物にできる!

モテる会話はテレビからでも物にできる!

女性へ最大のアプローチ方法と言えば【会話】です。会話というものは、男女、老若男女関係なくしているもので日常から様々な会話のテクニックのヒントが転がっています。

【テレビ】も例外無く、モテる会話のヒントが隠れているのです。

テレビをヒントにモテる会話を物にする

物の見方によって得られる情報が広がる

テレビはジャンルも様々あり、クイズ・歴史・自然・ニュース・バラエティ・映画・アニメ等々、見る人の好みに合わせて楽しませてくれる物です。

最近はインターネットの普及でテレビを見る人も少なくなってきましたが、まだまだテレビ人口は多いものです。

このテレビは息抜きで見ている人が多いでしょうが、モテる会話を物にするのに絶好の勉強材料となっていることにお気づきでしょうか?ボーッと見るのがテレビの醍醐味でもあるのですが、モテる男を目指すみなさんは【ちょっと】意識するだけで会話のスキルが格段に向上することは間違いありません。それほど見方によって私達に与える影響は変わってくるものです。

例えば、CM。

CMもただ何となく見ていると『あっ、○○社から新しい飲み物が出たんだな』ぐらいしか思いませんが、ちょっと意識して見ているとその年の流行や、その会社の販売戦略、経済背景まで見えてきます。もちろん予備知識が必要になりますが、ちょっと注意するだけでその新商品だけでなく【背景】や【意図】まで読めるようになるのです。

というように、物の見方によってその内容から得られる情報はとても多くなります。

テレビ番組からモテる会話のヒントを探る

テレビ番組のジャンルは何でもいいでしょうが、見る人を楽しくさせる会話が多いテレビがおススメです。

バラエティ番組が王道かと思います。色んなタレントや芸人が楽しい会話を繰り広げるバラエティ番組は、モテる会話のヒントがあちこちに転がっています。なぜそうなのか?それは見る人を楽しくさせようとしている番組だからです。(そのままですね)

つまらない会話をしていると、番組として成り立ちませんし視聴率も取れません。番組の収録中はその道のプロが【仕事】として一生懸命やっているわけですから、だらしなくグダグダな進行であっても実は【意図された】ものだったりします。

つまり、会話の内容がメインである番組である場合、会話の面白さを最重要視しているのは当たり前で出演者はとにかく面白くなるよう頭をフル回転させながら会話をしているのです。

この会話というものは、人を楽しくさせる内容がギッシリ詰まっています。出演者の面白いやり取りや会話の運び方、盛り上げる場面は盛り上げてそれ以外の場面では体力・気力を温存しておく。本当に多くの会話のヒントが詰まっています。

バラエティじゃなくても、歴史物の番組でもいいでしょう。ナレーションは私達に分かりやすいよう説明しています。これは会話の起承転結に活かすことができます。

といった具合に、自分に道筋を立てて会話をする力が不足しているのなら、解説が多い番組。会話を盛り上げ相手を楽しくさせる力が不足しているのならバラエティ番組を意識して見るようにしてモテる会話を物にしてみましょう。






このページの先頭へ