女性は自分を【ヒロイン】にしてくれる男を好む

女性は自分を【ヒロイン】にしてくれる男を好む

女性はヒロインになる事に憧れています。映画や舞台に出演したいという話でなく、日常生活で【ヒロイン】を望んでいます。

これはどういった女性の心理なのか?またヒロインにしてくれる男をなぜ好むのか?を解説します。

女性は自分が主役になりたい

恋愛という1つの作品の中にいる

危機的状況から自分を救い出してくれたり、みんなから歓声を浴びせられたい、いい雰囲気の中で酔わせてもらいたい・・・映画や舞台での主役でもある【ヒロイン】に女性は憧れています。

何も映画に出たいなぁという願望ではなく、日常生活に自分の【王子様】を求めているのです。女性は男よりも現実をキチンと見る生き物ですが、映画の中のヒロインにだって憧れているのです。

女性の中で、恋愛というものは1つの作品です。男から猛烈に愛され、自分を守ってもらいたい。しかも映画や舞台のワンシーンのような感動を覚えるシチュエーションや内容を。

男からしたら『何をバカなことを考えているんだ』と思う人も多いでしょうが、”白馬に乗った王子様”を女性が求めている事実もみなさん御存じでしょう。バカバカしいかもしれませんが、女性のほとんどが考えていることであり、気になる女性を惚れさせるためにはあなたが王子様になるしかないのです。

女性からしたら自分を主役級に輝かせてくれる【男優】を求めているのです。『君は美しい』等と言われたいのです。

男も『カッコイイね』と言われたら嫌な思いをしないでしょう。そういう言葉やシチュエーションを男よりも女性は強く願っている生き物なのです。

女性をヒロインにさせるには

ではどうやって女性をヒロインにさせるのでしょうか?

ヒロインに昇進させるために男がすべきテクニックは【恋愛におけるテクニックの全て】です。

王子様を求めているのですから、王子様と思わせる程”清潔“で”品格“があり、女性を”優しく”リードする力が必要になってきます。これらの王子様に必要な要素は恋愛における男のテクニックと何ら変わりはありません。

つまり、私達男が恋愛のテクニックを勉強することは、知らない間に彼女の恋愛という映画舞台の王子様役になるための特訓なのです。

あなたがヒロインの王子様役に適しているのかどうかは、ヒロインが決定している【相手女性】が決めることです。言いかえればオーディションを受けているのです。

オーディション中あなたは、王子様役にふさわしいことをアピールするため、ヒロインをうっとりさせるような言葉をかけなければなりませんし、審査員である女性本人を喜ばせるようなプレゼントを贈ったりしなければなりません。

そうやって彼女の気分をいかに高揚させることができるかが、恋愛におけるアプローチの真髄となっているのです。もちろん彼女にできた後でも、作品は終わっておらず、その後の【幸せな生活】というシーンにも力を入れていかねばならないのです。






このページの先頭へ