ムリしてまで女性と話を合わせない【自分を見失った男は魅力が無い】

ムリしてまで女性と話を合わせない【自分を見失った男は魅力が無い】
女性は話が好きで、女性の話を聞いてあげる男は基本的にモテる事をこのサイトでは定義してきました。

しかし、無理して自分を見失ってまで女性と話を合わせているとかえってモテなくなります。その理由を説明します。

ムリしてまで女性と話を合わせるとどうなるか

自分を見失う

女性の話をキチンと聞く男は確実にモテます。女性のために何をすべきなのかを男は思考する事でモテる男に成長していくのですが、女性のためと自分を見失っていては本末転倒です。

女性の話に対して相づちをキチンと打ち、価値観を否定せず、説教をせずに話を聞くことで女性の好感度が上がるのですが、自分の感情を押し殺したり、話したいことも話さず自分を作っているだけでは、自分を見失ってしまいます。

それに、話を聞くだけなら誰でもできますし、それだけで男がモテるのならみんな同じように話を聞き、彼女がいない日なんてないことでしょう。女性は男に魅力を感じる要素として、話をキチンと聞いてくれる他に自分をしっかりもっているというその人の個性に触れた部分も評価対象としています。

つまり、女性の話を聞こうと自分を見失ってしまっていては、女性からしたら【つまらない男】として見られてしまうわけです。

自分を確立した上で話を聞く

女性の話を聞きつつ自分の意見をしっかり持つ。これはとても難しいことで、会話をする上で絶妙なバランスを保たなくてはいけないことを経験したことがある人も多いでしょう。

まだ、出来た事が無い人や、これから挑戦しようと考えている人は、まず女性の話を聞く事を徹底するようにしてみて下さい。

女性の話をキチンと聞けるスキルが身に付いたら、今度は自分が思っている事や価値観を会話の途中に織り交ぜるのです。ここでも、女性の話を否定するのではなく『俺はこう思う』程度の発言にとどめ、決して自分の価値観を押し付けないことです。

これだ!と思ったスタイルで

会話という普段意識していないコミュニケーションの基本が、その人の個性を決定する大きな要素になっているのは事実です。

魅力がある男というのは、個性をしっかり持っている、自分をしっかり持っている男です。会話の中でこの【自分】というものをアピールするためにも、会話のスタイルを確立しましょう。

いくつか会話のスタイルを試していると、『これだ!』と思えるスタイルを発見することができます。好きこそ物の上手なれということに似ていますが、自分がこれだと思えたスタイルはドンドンやればいいのです。それが自分の個性として確立していきますし、その中で会話のやり取りの極意を身に付けることができるでしょう。






このページの先頭へ