あなたはキチンと言えてますか?【できない】ことはできないと言うことが大切

あなたはキチンと言えてますか?【できない】ことはできないと言うことが大切

女性の気を引きたい、モテたいと思うあまり自分が出来ないことまで【出来る】とカッコつけてしまいがちなのが男というもの。

しかし、結果的に自分を【非モテ男】へ導いていることをご存じでしょうか?

できないことはできないという勇気

女性はウソを見抜くことに関しては抜群のセンスがある

男はついつい自分をカッコよく見せるために、出来ないことも出来ないと言ってしまいがちです。

『○○君はサッカー上手いの?』と聞かれ

『そこらへんの奴よりは上手いよ』等とウソを平気でついてしまう生き物です。彼女と一緒に友達とサッカーすることが決まったら、陰で慌ててサッカーの練習をする羽目になってしまいます。

こういう具合に男は自分を良く見せるため、女性の気を引くために自分が出来る男をアピールするわけですが、実は女性はそれがウソか本当か簡単に見分けがついてしまうのです

ウソを見抜く力は具体的な数値で表せないのですが、女性はウソを見抜く力が男に比べ桁違いであることはハッキリと言えることです。

女性は基本的に受け身であるため、自分に寄ってきた男にどれほど魅力があるのかを観察することで男を受け入れてきました。はるか昔から。

つまり、女性が本来の恋愛スタイルで過ごしていればおのずと男を観察する力が培われ、男の仕草や口調からそれがウソか本当かを見抜く事ができるようになるのです。また女性は受け身であるけど、男を魅了するための【演技力】にも長けています。

よく女性は【女優】と呼ばれますが、こういった背景から女優と呼ばれるようになり、下手な演技である男(男優)の考えていることが手に取るように分かってしまうのです。

できないものはできないという勇気

ウソをついたところで、すぐ見抜かれてしまうのであれば正直に本当に言うことが後々痛い目に会うことを避けることができます。

サッカーが下手なのに、『サッカーが上手い』と言ったところで『すごーい!』と女性がリアクションを取りますが、あなたがウソをついていればすぐ見抜かれます。女性はあなたに合わせているだけです。つまり『ウソを平気でつく男』というイメージが付き、信頼が失われてしまうのです。

これらのようにウソをついて自分を良いように装っても、悪いイメージしかつかないので、正直にできないものはできないと言っている方がかえって好印象になるのです。

できないものをできないと言っていれば、本当にできる事を行った時の信憑性も高いですし、自分の長所を確実にアピールすることができます。また、その正直な性格が評価されるでしょう。

結果的にモテる男になるのです。できないことは恥ずかしいことではありません。女性はサッカーが下手でも何とも思いません。ウソを付く方が遥かに減点なのです。

包み隠さず話す男が最終的にモテる男になるのです。






このページの先頭へ