初デートの食事でありがちなトラブルを知っておくことでデート当日焦らない

初デートの食事でありがちなトラブルを知っておくことでデート当日焦らない

初デートと食事はほぼセットでくっついてくるものです。初デートを食事無しで済ますのは急用が入ったりしない限り無いことであって、それ程デートにおける食事は必然のイベントでもあるのです。

男同士で食べている食事とは違い、初デートでの食事はトラブルの連発です。事前にありがちなトラブルを知っておけばデート当日も焦らなくて済むのではないでしょうか。

初デートの食事でありがちなトラブル・出来事

gooランキングに初デートの食事でありがちなことランキングが載っていましたので、その紹介と経験談を交えながら解説していきます。

15位 緊張して頻繁にトイレに行く

15位にランクインした【緊張して頻繁にトイレに行く】ですが、『あるある』話です。別にトイレに行く事は悪くないので、行きたくなったら行ったらいいと思います。我慢しているとリラックスして話ができませんから。

14位 緊張して腹痛がおこる

お腹が痛くなることもよくあります。緊張すると呼吸も乱れて体のいろんな箇所が不調になってきます。腹痛が起きやすい人はあらかじめ対策をしておきましょう。胃腸が荒れ気味であれば胃腸薬を飲んでおくといいでしょう。

13位 好き嫌いの多さをチェック

初デートでは相手の女性がどんな人なのか気になるところです。

食事をしている時に好き嫌いが多いと相手の性格や育ちが分かったような気分になりますよね。逆に言えばあなたもチェックされている可能性が高いということです。デートを円滑に進めるためにも、嫌いな食べ物でも多少は我慢しなければいけないという場面がやってきます。

12位 嫌いなものを言えない

上記の嫌いなものを我慢している場合ですね。少々苦手なら食べることができますが、本当にこれだけはダメって食べ物があった場合になかなか言えないものです。

しかし、今後の事を考えるといつかは嫌いなものはバレてしまうため、初デートだからって遠慮せずに伝えておきましょう。

11位 食べたいものを言えない

『何食べたい?』と食べたい物を聞かれた時に、自分の食べたい物を言えないことがあります。相手と食べたいものが一致する確率は低いのでお互い食べたい物を言い合って、その中で決めればいい話です。

10位 支払いの割合が気になる

女性の場合は男を立てるためにも奢ってもらうべきなのか悩む所です。男に焦点を合わせると、男は多少多く負担するか全部奢るのかどちらかが良いでしょう。

9位 好きに注文できない

初デートの食事では相手との会話がメインだったりしますので、なかなか好きに注文できないものです。

仮に好きに注文しても相手はそこまで気にしてない場合が多いため、あなたも気にする必要はないと思います。好きなもの注文したら、相手も好きだったという発見もできますし、会話を広げるチャンスがありますよ。

8位 トイレに行きたいのを延々我慢

これはよくあります。会話を途切れさせたくない・空気の流れを変えたくないがゆえにトイレに行くのを我慢してしまいがちです。

トイレを我慢すると自分自身がリラックスして会話に集中することができないため、かえって相手に失礼です。我慢せずトイレに行きましょう。

7位 相手の食事マナーをチェック

相手の好き嫌いが気になると同様、相手の食事マナーはとても気になってしまいます。

6位 緊張してすぐに満腹になる

むしろ、緊張してしまって空腹を感じないのが私の経験です。

無理に食べる必要はないですし、調子が悪くなってしまってはせっかくのデートが台無しなので、満腹になったら残すべきです。

5位 遠慮して安いメニューを選びがち

男の場合はケチだと思われてしまう可能性があるため、安いメニューはあまり頼まない方がいいです。安いメニューを頼んで、ケチと思われたくなければ『これが好きなんだよ』と一言添えて。

4位 歯に料理がつくのが気になる

歯に付きやすい食べ物が出てきそうな店はあらかじめ避けておく方がいいでしょう。特に女性の方が気にすることですので、男が店を決める時はその配慮も忘れないように。

3位 ドキドキして味がわからない

そうなんです。味が分からないのです。

つまり張り切って美味しいと評判の店に行ったとしても、ろくに味わうこともできずに店を後にする結末となりますので、味はともかく初デートに最適な店を選びたいものです。

2位 緊張して会話が続かない

食べていいのか、会話をしたらいいのかで迷うところです。食べ物を口に入れたまま喋るのは行儀が悪いし、かといって会話を途切れさせるのもどうかと思うし・・・と友達同士では食べながら何であんなに会話が弾んだのだろう?と思ってしまいます。

コツとしては相手の食べるペースに合わせる事です。会話はご飯を食べ終えてからもできますから、会話よりも食事ペースに気を使った方がいいかなと思います。

1位 自分の食事マナーを気にする

やはり1位は【自分の食事マナーを気にする】でしたね。

相手の好感度を上げるのが初デートの最大の目的の1つですから、自分の食事マナーを気にしてしまいがちです。多少緊張している素振りを見せてしまったからといって、相手の好感度は下がることはありません。むしろ緊張していることが伝わると印象が良くなる場合もありますので、上手く振る舞おうとせず自然の流れにまかせて接するようにしましょう。






このページの先頭へ