クールに気取るのは適切なアプローチではない

クールに気取るのは適切なアプローチではない

男はカッコつけたがりです。クールで何も語らない姿が似合っていればカッコイイでしょうが、女性にアプローチをする時にクールを決めていても何の評価になりません。

クールな男を見ているだけで『この人と付き合いたい』と思う女性はほとんどいないでしょう。

クールに気取っても女性にアプローチ出来ていない

見た目のカッコよさ

クールな男は実際カッコ良く見えます。似合っていれば尚更で、これは事実です。女性から見てもカッコイイと思えるような見た目であれば恋に発展する可能性も十分あります。

見た目がカッコいいか、カッコよくないかだったら、カッコいい男に目が行くのは当然の心理だからです。しかし、このクールに気取った男というのは意外な落とし穴にはまっていることに気づいていません。

それは【キャラ】です。自分がクールに気取って物静かな男でカッコいい雰囲気を出しても、そのキャラに縛り続けられてしまっているパターンです。

いくら女性が寄ってきても、その後の発展に向けてクールな自分を崩さずにどうアプローチしていいのか分からなくなるのです。女性がそんな謎めいた男にも興味を示す場合がありますが、女性が興味を持ち続けない限り恋に発展することはないでしょう。

女性が彼氏にしたいかどうかを判断する基準

見た目も大事ですが、彼氏にしたいかどうかを判断する基準として多くが【内面】を見ています。

クールを決めていて、自分から何もさらけだすことなく振る舞っていては女性に自分がどんな内面を持っているかが上手く伝わりません。

つまり、女性にアプローチして自分を理解してもらうためには、クールに決める事ではなく素の自分をさらけ出しつつ、会話を重点的に自分の価値観を相手に伝える必要があるのです。

もし、あなたが何も語らずに女性に告白してOKをもらったとしても、あなたの【謎が多い部分】に興味を持っただけで、謎が解けてしまった後はあなたに興味が無くなるでしょう。つまり振られるということです。






このページの先頭へ