前編~【元気を取り戻す】彼女に振られて落ちこんだ時の対処法

前編~【元気を取り戻す】彼女に振られて落ちこんだ時の対処法

彼女に見事に振られてしまい、この世が崩壊するんじゃないかってぐらい落ちこむ人もいれば、落ち込んでもすぐ復活し長い時間落ち込まない人もいます。

今回はそんなに落ち込んでもすぐ復活する人のメンタルを見習って、彼女に振られて落ち込んだ時の対処法を紹介したいと思います。

彼女に振られて落ち込んだ時に元気を取り戻す方法

基本的な方法はいくつかありますが、長くなるので前編と後編に分けています。記事の一番下に後編のリンクを貼っておきます。

彼女を思い出してしまう物はすぐ捨てる

彼女からもらった物や記念写真等なかなか捨てられない人もいますが、それを見て落ち込んでしまうのであればさっさと捨てましょう。捨てる時に悲しみが襲ってきてつらい気持ちになるのですが、いつか捨てなければならないのなら、”すぐ”捨ててスッキリさせる方が賢明です。

とにかく落ち込む

『寝むいけどまだ寝ちゃダメだ!』と考えている時程眠くなってくるものです。彼女に振られた時も『落ち込んでいちゃダメだ』と自分に言い聞かそうとすればするほど、悲しみが長期間続いてしまいます。

ここは思い切って、とことん落ち込みましょう。彼女の事を考えまくるのです。悲しい失恋ソングを聞きまくり、当ても無くフラフラ散歩するのもいいでしょう。とにかくとことん落ち込むのです。

荒っぽい方法ですが、ちゃんと理由があります。

女性は失恋した時は相当落ち込むのに、すぐに立ち直る人が多いです。これは失恋した時に、男に比べ女性は何倍もの悲しみを感じると言われています。悲しみを感じる強さが強い程、立ち直りが早いのです。

例えば悲しみが100あった場合、男は毎日10づつ悲しみを10日間に分けて感じ、100あった悲しみを0まで消化するのに対し、女性は100あった悲しみを50消費し、2日間で0にします。

このような原理から女性は立ち直るのが早い生き物と言われています。おそらく、恋人との思い出や失恋した悲しみを頭の中にパンパンに詰め込む事によって、いわゆる【悲しみの慣れ】というものを作っているのでしょう。

数日立ってから恋人の事を思い出しても、ほとんど悲しむことがないのです。

この事を男も見習えば、いつまでもクヨクヨしていられなくなります。『もう考えることに疲れた』なんて思うようになれば失恋した事や彼女との思い出の悲しみは自然と消えていくでしょう。

そして立ちあがり、次の恋へと進んでいくのです。

後編~【元気を取り戻す】彼女に振られて落ちこんだ時の対処法






このページの先頭へ