1人の女性に執着していてはモテる男にならない

1人の女性に執着していてはモテる男にならない

好きになった女性なら、何としてでも彼女にしたいものです。

ですが時には諦めというものが肝心でもあり、今後モテる男に成長するためには1人の女性に執着することはよくありません。

1人の女性に執着とモテる男

執着は悪い事ではない

ストーカーになってしまうと警察沙汰になってしまいます。

男が女性に執着しすぎて別れを告げられたショックで包丁を持ち出してきて脅した。という事件を私の知り合いの女性は遭遇したようです。

執着も度が過ぎると、取り返しのつかない事態に発展してしまうので注意しましょう。

1人の女性に執着することが悪いことではなく、1人の女性と真剣に向き合い愛を与えるということはとても重要なことです。むしろ将来的にはそういった一途なメンタルが求められていくでしょう。

女性経験を積むためにも他を当たる

しかし、1人の女性に執着していてはモテる男にはなれません。例えるなら1種類の魚だけを狙って釣っているようなものです。その魚の釣り方を分かっても、他の魚は簡単に釣れるのか?という話です。

色んな女性と接する事で、恋愛のスキルはレベルアップしていきます。1人目の女性では気づかなかったテクニックも、2人目の女性を相手にすることで得られたりするのです。

女性にモテるということは一筋縄のように上手くいくはずがなく、女性に接しては次の女性と転々としなくては一生経験は上がらないでしょう。結婚する相手の女性は1人が普通ですが、女性にモテる男になっていなければいくらあなたが狙っても結婚相手にはなってくれないのです。

よく『1人の女性さえ愛せたらいい』と言いますが、それは10人や100人といった女性と接し【愛し方】を知った上で1人の女性を愛するということです。

女性経験が無い人に、1人の女性を愛するテクニックが豊富な男はいないのです。

執着しない態度が女性の恋を燃えさせることも

女性の機嫌も取らず気を引こうとも思ってない時に何故か女性にモテる事があります。実際私も何度か経験したことがあり、恋愛なんてどうでもいいなんて思っている時に限って何人からも言い寄られたことがあります。

この説はまだハッキリと分かっていないのですが、女性に執着して気を引こうとする態度よりも、自由気ままに振舞いつつ1人の人間として適度に女性をエスコートする姿勢が魅力的に感じたのではないかと思っています。まぁ運もあるでしょうが。

女性の機嫌ばかり取っていてはモテないでも書きましたが、女性の機嫌を取ってばかりいる男は魅力的に見えないことから、執着しない態度がモテるという結果を招いているのではと思っています。






このページの先頭へ