【面白い男】と【頼りない男】は紙一重である

【面白い男】と【頼りない男】は紙一重である

面白い男はなぜモテるのか?【女性心理のカラクリを知る】という記事で、面白い男は女性にモテると書きました。

今回はこの【面白さ】をもう少し掘り下げて、”面白さ”と”頼りなさ”は紙一重であることを説明していきます。

【面白さ】と【頼りなさ】は紙一重

面白さが間違った方向に行く時

面白い男はモテ要素であることは【事実】です。しかし、その面白さにも色々な種類があって、間違った方向へ傾いた時に【頼りなさ】という印象を与えることになってしまいます。

ボケも度が過ぎるとダメ

例えば、ボケが売りの面白い男がいるとします。ボケた発言や仕草をして笑いと取る人の事を言うのですが、ボケるのにも限度というものがあるのです。

常に笑わしてくれる人というのは大変魅力的なのですが、四六時中ボケている人を見ていると何だか頼りない人に見えてきませんか?真面目な質問をしても時々ボケてくる。聞いたことにまともに答えてくれない。。。等々

その理由は例外無くその人が【ボケているから】です。そのボケはネタでやっているのは承知の上なのですが、そういったボケている喋りや仕草を見ているとネタと分かっていても『この人本当にボケているのでは?』という錯覚に陥ってしまいます。

また、ボケてばかりで真面目な発言が無いと、その人の中に秘められている【誠実さ】というものを見る機会が少なくなってしまうためでもあります。

周りの笑いを誘い、愛されるキャラであるのですが度が過ぎると【頼りなさ】がやってきます。

そうやって他人に植え付けてしまった”印象”というものは、なかなか覆せないものがあるので注意するべきです。

【ツッコミ】

ではツッコミが多い男はどうでしょうか?これは、状況を瞬時に判断し的確に指摘出来るとして、どちらかというと頼もしい男という印象を与えます。嬉しいメリットですね。

しかし、このツッコミも度が過ぎると【毒を吐く男】と見られてしまう場合があるので注意が必要です。

頼りない男はいくら面白くてもモテない

そして面白さと同時に【頼りなさ】という印象を与えてしまった場合、女性の恋愛対象から外される可能性が大です。

もちろん、2人きりになった時に真面目な一面を見せることで挽回できるチャンスがあるのですが、今度はボケにくくなってしまいます。

そうして焦っているうちにあなたから【面白さ】は消え、ただの男になってしまいます。つまり面白い男であることは女性からちやほやされる時もありますが、調子に乗って度が過ぎると【恋愛】においてのメリットは消えていくのです。
前回の記事→面白い男はなぜモテるのか?【女性心理のカラクリを知る】






このページの先頭へ