【奥手な男は振られる】彼女から電話がかかってくる前に自分から電話するテクニック

【奥手な男は振られる】彼女から電話がかかってくる前に自分から電話するテクニック

彼女と付き合っていると電話も何度かすると思います。

毎日電話する人もいるでしょう。彼女から電話がかかってくる前に電話をかけることが出来れば、好感度が上がります。そんなちょっとしたテクニックを紹介します。

彼女から電話がかかってくる前に自分から電話する

そもそも、彼女から電話がかかってくる前に自分から電話するというのは難しい話です。

不定期に電話で会話をしているカップルなら尚更です。

ただ、彼女としては【今から電話しようかなー】【今日は電話したいなー】なんて思っている時に彼氏から電話がかかってくると、とても嬉しい気持ちになります。あなたも今から電話しようとしている時に彼女から電話がかかってきたら、なんだかテレパシーとなって伝わったみたいで嬉しくなりますよね。

あなたが嬉しい気持ちになることも大事なのですが、ここは男として女性を喜ばせたいところです。

電話の頻度を分析してみる

用事がない時の電話というものは、ある程度一定の間隔を空けてかけているものです。それがお互いにとって丁度いいところに落ち着いているのです。

お互いが電話をかけあっているのなら尚更分かりやすいです。最後に電話をかけた後【何日経って彼女から電話がかかってくるか】分析してみるのもいいと思います。

彼女としては、それが【最適な電話の間隔】ということがわかります。『最近何で電話してくれなかったの?』なんて言ってきた場合は、もっと短い間隔で電話をしたかったというように解釈ができます。

毎日電話している人なら、22時から電話をしている等、何時から電話することが多いのかがわかります。それが分かれば後は自分から電話するだけです。あなたが奥手な男である場合、自分からなかなか電話をかけにくいでしょうが、彼女が喜ぶ事を思えば一歩踏み出せるはずです。

もちろん毎回自分から電話しなければいけないわけではないですが、彼女をリードするという意味を込めて自らアクションを起こしたいところです。






このページの先頭へ