【彼女にできない】友達に女性を紹介してもらった時最初に注意したいこと

【彼女にできない】友達に女性を紹介してもらった時最初に注意したいこと

彼女が欲しい時に【友達に女性を紹介してもらう】という事はよくあることです。

一見友達の紹介なのですぐに仲良くなれるように思える方法ですが、気をつけないといけないこともあります。そこで、友達に女性を紹介してもらった時に注意したいことを紹介します。

友達に女性を紹介してもらった時に注意したいこと

慣れ慣れしくしない

友達の紹介である程度の信頼は築かれている状態からアプローチをすることができます。全くの他人ではないですからね。友達の【○○君、○○ちゃん】の信頼が高ければ高い程、紹介された女性はあなたに対する信頼も高くなります。

それに乗っかって最初の1歩をミスしてしまうパターンが【慣れ慣れしく】してしまうことです。最初は相手の緊張を解くためにも、慣れ慣れしくすることは有効な方法なのですが、紹介される相手の女性は緊張はもちろん多少なりとも【警戒】していることを忘れないで下さい。

警戒すればするほど、あなたの第一印象がとても強く記憶されてしまいます。あなたが良かれと思った慣れ慣れしい態度は【チャラい】【女と遊んでそう】【体目的】なんて思われてしまいかねません。

紹介は紹介でも、あなたと女性が接触するのは初めてなわけなのですから、ある程度節度をもって接しておきたいところです。男は【誠実さ】を見せないと印象が悪くなりますから。

自分を良く見せるため友達の悪口を言う

そして次によくありがちなミスが【紹介してくれた友人の悪口を言う】ことです。自分を良く見せようとしてついつい言ってしまう事の1つなのですが、せっかく紹介してくれた友達の悪口を言ってしまうと女性からあなたへの評価がガクンと下がってしまいます。

女性はグループで行動し、グループのメンバーがいないことを良い事に悪口を言い合っているのですが、理不尽なことに男が友達の悪口を言っていることに関してはあなたの評価を下げてしまいます。女性が【悪口】を話していても、それに乗っかってしまわないようにしましょう。

ちょっと注意して友達を【褒める】方向で会話をしたいものです。






このページの先頭へ