初デートは食事マナーも大事!意外に見られているあなたの行動

初デートは食事マナーも大事!意外に見られているあなたの行動

初デートでは行動や言動から、あなたがどんな人なのかチェックされています。

女性は見ていないようで厳しくチェックしているので最低限の食事マナーを身に付けておきたいところです。

初デートでは最低限の食事マナーを

女性が足を組んで猫背でひじを付きながら、クチャクチャと音を立てながら食べているのをみると女性らしさが一気に無くなるものです。

女性は食事マナーが悪いと何だか社会的常識も無いように思えてくるものです。

しかしそれは女性も同様に思っていることです。男はガッツリ物を食べるのが好かれるといいますが、食事のマナーを無視して食べるというわけではありません。

初デートなら尚更あなたの食事マナーを見られ、あなたという男がどれほどの価値なのかを入念にチェックされているのです。どんな素敵なデートをして女性を楽しませても、食事マナーが悪いだけで恋愛対象から外れてしまうのです。

それだけ食事マナーというものは、その人の育ちや性格・品格まで分かってしまう重要な要素なのです。

ひじを付かない

基本的にひじをついて食事をするのはマナーとしてNGです。

ハンバーガーやサンドイッチ等、食べこぼしが心配な物はひじを立てて食べた方が食べやすい場合もあります。しかし基本的にひじをついてはいけないものなので日頃からひじを付かないようクセを付けておく必要があります。

茶碗や小鉢は手で持って

よく【犬食い】なんていいますが、ご飯が盛られた茶碗を手で持って食べずに自分の体を前のめりにして食べることです。小さい器や茶碗は手で持って、背筋を伸ばした状態で食べるのが日本でのマナーです。ちなみに、とある国は、器を持つ事が食事マナーとしてNGです。

食べる音を立てない

食事マナーで一番嫌われるのがこの食べ方です。食べ物を口を開けたまま噛んでいると音が周りに聞こえてしまいます。自分では口を開けようが閉じようが食べ物を食べている音は聞こえてくるものですが、周りへの音の聞こえ方は全然違ってきます。

基本的に食べ物を食べている時は口の中の食べ物を見せないという意味も込めて、口を閉じながら食べましょう。

食べている時に喋る場合は口に手を添える

女性とのデートは特に会話が大切です。食事の時も出来れば会話が弾んだ状態でいたいですよね。

本来食事の時には一言も喋らないのがマナーなのですが、現代では食事と会話をセットで楽しむのが基本となっていますので喋って構わないと思います。落ち着いたオシャレなレストランに行った場合は、店の雰囲気も考えて会話を控えたいものですが。

したがって食べている時に喋る場合には口に入った食べ物が相手に見えないように手を添えながら食べましょう。

汚く食べない

よくカレーをご飯とルウをかき混ぜて食べるのはどうかという議論がありますが、見た目的に汚らしいものになってしまうのは事実なので食事マナーとしてはNGです。

また、自分は良かれと思ってオカズとご飯を混ぜたりしても周りから見て汚いと感じる食べ方は基本的にやめておいた方がいいでしょう。日本人は料理に味も【見た目】も求めるので、食事に行く時は特に自己流の食べ方は控えた方がいいです。






このページの先頭へ