ピンチ!デートで遅刻した時に彼女を怒らせない対処方法

ピンチ!デートで遅刻した時に彼女を怒らせない対処方法

デートを重ねるとちょっと慣れてきてしまい、ついつい【遅刻】してしまうものです。一度損ねた彼女の機嫌を取り戻すのはまさに【神頼み】したくなるような思いになってしまいます。

そこで、デートで遅刻をした時に彼女を怒らせない方法を紹介します。

遅刻した時に彼女を怒らせない対処法

ちなみにデートで遅刻した場合、女性が待ってくれる時間は

1時間まで・・・4割

30分まで・・・2割

というデータが出ています。(2013年時点)あくまで【待ってくれる時間】です、【許してもらえる時間】ではないのでそこは勘違いしないようにしましょう。

遅刻が確定したらまずは連絡

事前に連絡を取っておく事で、彼女に対し遅刻するという事を頭に入れておいてもらいます。

彼女も『彼は遅刻してくる』という意識で待ちます。【遅刻するのかわからない・連絡がない】と【遅刻すると分かっている】とでは、彼女の怒りのパラメータ上昇度合いが変わってきます。

待っている時間が長く感じ・更に怒りもこみ上げやすいのは【連絡しない】場合です。

待ち合わせ場所で最初の一言

まずはとにかく【謝る】ことが先決です。

謝りもしないのに『電車が遅れていて・・・』なんて言ってもただの言い訳にしか聞こえません。言い訳は後からいくらでも言えますが、謝る事に関しては会って始めに言うことが、反省の色をキチンと伝えるのに重要なことなのです。

それでも彼女が怒ってしまったら

もっともな言い訳であれば相手も理解してくれるでしょうが、一般的なよくある言い訳を【怒ってしまった彼女】に言っても火に油を注ぐようなものです。

言い訳をすればするほど彼女は更に怒ってしまうので、少し大人しくしましょう。

また、彼女の機嫌を取ろうと変に気遣ったりするのも場合によってはイライラしてしまう原因になってしまうので、反省していることをしっかりと伝え、しばらくはいつもより大人しくしておきましょう。彼女の機嫌が回復したならいつも通りに振舞ってもOKですが、あまり調子に乗るとまた彼女を怒らせてしまいますので注意して下さい。

また、初デートでの遅刻は致命的です。【遅刻したら恋は終了と思え】初デートでの遅刻は厳禁!も合わせてどうぞ。






このページの先頭へ