【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その5-本格的に仲良くなる~初デートまで

【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その5-本格的に仲良くなる~初デートまで

メッセージのやり取りで気になる女性と仲良くなったら、いよいよ初デートのお誘いです。

初デートの誘い方をいくつか紹介します。

気になる女性とのメッセージで初デートに誘う方法

メッセージのやり取りから仲良くなった場合の目的は【初デート】と言っても大げさでないと思います。

【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その4-少し仲良くなる~本格的に仲良くなるでお互いの心の壁を破り、また一歩仲良くなれたら初デートが次の段階であって、また今後を大きく左右する場面でもあります。

メッセージのやり取りだけで終わってしまうパターンもいくつかあるのですが、相手女性もあなたに気があるのならデートをしてみたいと思うのはとても健康的なことなのです。

実は相手女性はデートしたくて仕方がないかもしれません。あなたが誘わないばかりで女性を悲しい気持ちにさせてしまうのは男として無責任です。

・・・となるぐらい女性もその気になっていれば嬉しいですね。

初デートはお互いのメッセージにヒントが

さて、初デートに誘うとなると『どこか一緒に出かけよう』と言ってもいいのですが、出来れば具体的な目的地を伝えておけば、相手も安心してデートに応じるか考えることができます。

そこでヒントとなるのが【お互いのメッセージのやり取り】なのです。過去に盛り上がった会話を見直してみましょう。例えばドライブの話しで会話が盛り上がった形跡があるのなら、ドライブデートもいいでしょう。

車を持っていないのならレンタカーを借りればいいのです。そして目的地を決めるわけですが、『ドライブしに行こう』よりは『ドライブがてら○○へ行こう』と誘う方が具体的で、分かりやすいですよね。

どこに行こうか目的地に困ったなら、それもメッセージのやり取りのヒントから決めればいいのです。男が女性をエスコートするわけですが、初デートの誘いをOKされやすいように女性にも選択権を与えるのがベストです。食べたい物は女性の好みに合わせる等。

何はともあれ、初デートに応じてくれるのか?が重要なので、いい誘い口実が見つからなかったら『今度空いてる日に出掛けない?』でもいいと思います。

あまり遠回しな表現は使わず【一緒にデートしよう】とキチンと伝えることが大切です。恥ずかしがっていると、なかなか相手に意図が伝わりませんし頼りない印象も与えてしまうので、勇気を持って送ってみましょう。

初デートのお誘いを断られたら

無事に初デートのOKがもらえたらいいのですが、断られる場合だってあるでしょう。

まだ諦めるのは早いです。相手はあなたに対してまだデートできる関係じゃないと判断している場合もありますし、本当に予定が詰まっていてデートする時間が無いかもしれません。

デートが断られた俺の事は恋愛対象外

と決めるのは3回誘って3回とも断られた時に思うようにして下さい。それまではとことんアプローチしていいんです。

女性によってはあなたを試すために【わざとデートの誘いを断る】という小悪魔な態度を取る女性もいますので、1回ダメだったら次もダメと諦めないよう自信を持って下さい。

←前 【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その4-少し仲良くなる~本格的に仲良くなる

次→初デートで実践しておきたいメールテクニック【前編】初デートで実践しておきたいメールテクニック【後編】






このページの先頭へ