【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その3-最初のやりとり~少し仲良くなるまで

【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その3-最初のやりとり~少し仲良くなるまで

気になる女性とのメッセージで、最初のやり取りを済ませた後如何に関係を発展させるかが難しいところです。

少しでも相手の好感度を上げるためにも、ちょっとしたコツを紹介します。

女性と仲良くなるまでのメッセージのやり取り

時間帯

【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その2-初めての送信~最初のやりとりでも紹介しましたが、相手女性が返信しやすい時間帯にメッセージを送る事が基本です。

なぜなら女性は男に比べ、メッセージが来ていないか携帯電話をマメにチェックしているので、返信がしにくい時間帯でもあなたのメッセージが確認されている可能性があります。

つまり、常にメールチェックをしている女性に対して、返信しにくい時間帯にメッセージをあなたが送ってしまった場合、【一度読まれるがそのまま放置】されてしまうのです。

『返事はまた後でいいや』という心理と同時に【メッセージの時効】までのカウントダウンが始まっているのです。メッセージの返信ができる時間帯が、夕方以降であると仮に設定します。あなたが午前中にメッセージを送ってしまい、相手の女性は一応メッセージを確認しますが返信は夕方です。

そして、夕方になってメッセージをいざ返信しようとしても既に見てしまった【あなたの文章】は時効を迎えており、相手にとって熱が冷めてしまっているものになってしまい、返信にも力が入りません。そんなことも知らずにメッセージを受け取ったあなたは、テンションが低い返信にがっかりしてしまい段々メッセージも面倒くさくなってしまうでしょう。

よくあるのが、メッセージの自然消滅です。メッセージも生ものです。相手がメッセージを初めて見てから返信までの時間の間隔が短くて済む時間帯を狙いましょう。

これは相手の日常のスケジュールに大きく左右されるため、事前にそれとなく確認を取っておくのがいいと思います。

量より質

またメッセージの内容が薄い、ネタに欠けた内容を何回もやり取りしていると【この人とのやり取りは面白くない】と思われてしまいます。

頻度は低めでも質が高いメッセージを送ることによって、相手があなたに抱く印象は高くなります。ベストな時間帯でも話しましたが、あまりメッセージの返信が遅いと相手も盛り上がりません。

これは初心者は難しいところですが、相手が盛り上がる内容や返信の頻度はどれがベストなのか模索して経験値を積んでいくほかありません。

何より優先したいのは、メッセージの質です。相手がすぐ返事したくなるような内容を心がけることが仲良くなる第一歩です。
←前 【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その2-初めての送信~最初のやりとり

次→ 【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その4-少し仲良くなる~本格的に仲良くなる

 






“【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その3-最初のやりとり~少し仲良くなるまで” への1件のフィードバック

  1. […] 出典 メールでの効果的なアプローチ方法とは? […]

このページの先頭へ