【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その2-初めての送信~最初のやりとり

【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その2-初めての送信~最初のやりとり

気になる女性への初めてのメッセージ送信が終わったら、まずは【返事】を持つことです!

返事がこなかった場合の対処方法、返事が来た場合からの発展方法を紹介します。

気になる女性からメッセージの返信が来てから

これから初めてメッセージを送信する場合は【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その1-初めての送信で解説しています。

返信がこなかった場合

メールならアドレスが間違っていたかもしれません。

友達の紹介ならその友達に再度確認してみたり(相手の女性にあなたを紹介していいか許可を取ったか等)、合コンで知り合った仲ならば同じ合コンに来ていた人で確認が取れる人に聞いてみましょう。

また、単純に相手が忙しかったり相手の携帯電話の電池が無くなっていたというだけかもしれません。

とりあえず気長に2日程待ってみてはどうでしょうか?例えばあなたに親族の危篤の知らせがあり、実家に急いで戻ってきたはいいけど携帯電話を家に忘れてきた・・・なんて事が無いことはありません。

あまり期待をせずにのんびり待ってみる方が心にもゆとりが出来るので、焦らずにいて下さい。

2日程待っても返事が返ってこなかった場合、誰かに確認を取るか再度メッセージを送信しましょう。単純に相手がメッセージに気づいてなかったか、返事を後でしようと一旦メッセージを確認したはいいけど、忘れていたなんてこともありますから。

返信が来てから

無事に返信が返って来たらとりあえず一安心です。おめでとうございます。

ここで冷静になっておかなければならないことがあります。メッセージを再度返信しますが、【時間】を考えなくてはなりません。

【夜が遅い場合】

自分が寝る時間を過ぎていた場合や、相手の迷惑になってしまうような時間にメッセージを返信することは基本的にNGです。

例えば相手がもう寝ている時に携帯が鳴ってメッセージが届いた場合、相手の女性の睡眠を妨害してしまいます。睡眠を邪魔するものは嫌われるので、あなたのメッセージが【嫌なもの】に心の奥底で変化してしまう恐れがあります。

【朝が早い場合】

これも上と同様です。あなたがいくら早起きだったとしても、相手の生活リズムに合わせてメッセージを送る時間を考えます。

【そして何より返事がしやすい時間帯を狙う】

これが一番大事です。

日中でも狙い目は【朝の通勤時・通学時】【昼の休憩時】【帰り道】です。夜は相手がそろそろ寝るであろう時間までならいつ送ってもOKです。

これは、相手が返事をしにくい時間帯にメッセージを確認してしまうと、【後で返信しよう】と思ってそのまま放置されてしまう可能性があります。『何かしなくちゃいけないことがあったんだけど・・・何だっけ?』といった具合に。

また、メッセージが来てほしくない時間帯にあなたがメッセージを送ってしまうと、ちょっと煙たがられます。メッセージ自体は嫌なものでなくても時間帯によってはタイミングが悪い時があります。そんなタイミングが悪い時にメッセージが来ると

≪こんな時間にくるメッセージ=嫌なもの=あなたからのメッセージ≫

と心の奥底にインプットされてしまうのです。

←前 【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その1-初めての送信

次→ 【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その3-最初のやりとり~少し仲良くなるまで






このページの先頭へ