【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その1-初めての送信

【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その1-初めての送信

最近はスマートフォンの普及で、メールのみならず【メッセンジャー】アプリでチャット形式でやりとりしている人が増えてきましたね。

それでも【文章】を送っているのには変わりません。電話以外の連絡手段として、文字のやり取りが他に変わりのないコミュニケーション方法なのです。今回はメールやアプリでメッセージをやり取りする際に、気になる女性への効果的アプローチ方法を紹介します。

気になる女性へメール(メッセージ)でアプローチする

気になる女性の連絡先を知っている前提で話をしますが、まだメール等でメッセージを送っていない人も多いでしょう。

順を追って説明していきます。

最初の送信

最初の送信って緊張しますよね。上手くアプローチするためにあれこれ考えてしまうものです。

しかし、あまり深くは考える必要はありません。周りくどい表現を使ってダラダラと長い文章を送るよりは短くサラっとしたメッセージを送るよう心がけましょう。

メールでのアプローチが目的ですから、何回か相手の女性とやりとりをするわけです。【相手が返事しやすい】内容であることが大前提です。

相手の女性がまだあなたの事を知らないのであれば『初めまして!』から入るのが普通でしょう。

しかし『初めまして!紹介してもらった○○です。』とメッセージを送っては相手は『よろしく』としか返しようがありません。質問責めはあまり好まれませんが、最初ぐらいは質問や確認を添えてメッセージを送るのがいいと思います。

『初めまして!紹介してもらった○○です。◇◇さんで間違いないですか?』等確認と質問を混ぜてもいいでしょう。

また『仕事は何してるんですか?』『』僕はこういう仕事をしています』と、相手が嫌にならないぐらいの質問と自分の自己紹介を混ぜるのがコツです。

いきなり『彼氏はいるの?』なんて深く突っ込んだ内容を送ってしまうと相手はドン引きです。物事には順序というものがあり、まだ仲良くなっていない内に聞いていい質問は限られているのです。あまりプライベートなことまで突っ込まないようにしましょう。

そして、質問の内容にプラスして自分の簡単な自己紹介を混ぜるといった工夫をしましょう。どんな仕事をしているんですか?と聞いた後の流れで大体向こうから『○○さんはどんな仕事されているんですか?』とオウム返しで返ってきます。そうするとまたあなたが次の話題を作る羽目になる可能性が高くなります。

ですから、最初は初めましてのメッセージを送り、質問や自己紹介を添えておくことがポイントです。あまり長ったらしい文章ではなく、女性が返しやすいよう簡潔な内容にしておきましょう。 また自分の自慢話を混ぜるのはNGなので気をつけて下さい。

次→【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その2-初めての送信~最初のやりとり






このページの先頭へ