初デートで実践しておきたいメールテクニック【前編】

初デートで実践しておきたいメールテクニック

初デートの約束が決まり、女性とのドキドキのデート。

出来れば初デートは成功させたいものです。デート前に女性の好感度をあげるメールテクニックを紹介します。

初デートで実践しておきたいメールテクニック【前編】

初デートのお誘いがまだである場合、【気になる女性へ】メールでの効果的なアプローチ方法とは?その5-本格的に仲良くなる~初デートまでという記事を参考にいていただければなと思います。

デート前

デート前でも女性の好感度を上げるテクニックは山ほどあります。

【メール】もその内の1つのテクニックなのですが、今はメールやメッセンジャーアプリで連絡を取り合うのが普通になってきていますね。

初デートが決まった前日や当日、彼女に会う前に送っておきたいメールは『今日は楽しみ』であるということを伝えること。

男でも女性でも、相手が自分と会うのを楽しみにしてくれているのは嬉しいことです。それをメール等に残る言葉で言われるとまたちょっと違った喜びを感じます。

相手の反応が気になってしまうかもしれませんが、楽しみと言われて嫌な気持ちになる人はいませんので一言添えておきましょう。

注意としては【何度も言わない】【過剰な表現はしない】ことです。何度も『明日は楽しみ』と言っていると、相手も段々嫌気がさしてくる場合があります。また『明日はこの1年で一番楽しみ』なんて過剰な表現をすると彼女にとって重荷になってしまうばかりでなく、逃げたい気持ちまで生まれてしまうので、ささやかな表現にとどめておきましょう。

また『緊張してきた』というのも、場合によっては好感度が上がります。楽しみと言われるのも嬉しいものですが、緊張していると言われるのも『私とのデートに気合いが入ってるんだ』と喜んでもらえる場合があります。

待ち合わせ時

少しでも遅刻してしまう可能性が出た場合は、メールを送っておくといいでしょう。連絡も無しで遅刻してくるのは一番最悪なパターンです。いくら前日に『明日は楽しみ』なんて言葉を伝えていても、全て疑いに変わってしまいます。信用が無くなるのです。

また、待ち合わせ場所に早めに着いた場合でも『もう着いたから○○で待ってるね』と一言伝えておきましょう。

とにかく初デートを大切にする心が女性の好感度を上げることに繋がります。

デート後のフォローも2人の今後を左右する重要な要素となってきますので、合わせてどうぞ。

次→初デートで実践しておきたいメールテクニック【後編】






このページの先頭へ