女心は男に理解出来るのか?女心を理解していなくてもモテる方法とは?

女心は男に理解出来るのか?女心を理解していなくてもモテる方法とは?

女心ってなかなか理解できない部分が多いですよね。

いくら恋愛経験が豊富な男でも未だに理解できない数多くの女心があると思います。

果たして男に女心を理解できるようになるのでしょうか??

女心は男に理解出来るのか

女心を理解する方法!といろんな本や雑誌、はたまた友達の武勇伝から情報を得たり見たりしてきました。

それだけ男にとっては理解できない部分が多い事であり、異性である女性に興味があるように女性の気持ちにも興味がある証拠として語り継がれてきています。

そんな女心を理解する方法があるのか?男に理解出来るのか?

 

答えはノーです。

絶対理解できません。

【男性】と【女性】という言葉が生まれる程、性に違いがあり字のごとく違う【生き物】であるからです。性別、つまり人種が違うのに相手の気持ちの全てを理解することは不可能です。

ですが、女心を理解していなくても女性にモテることは可能なのは事実です。女心を理解できなくても、女心を理解する姿勢は取れます。

女心を理解していなくてもモテる方法とは

女心を理解できずに振られた、女性に嫌われたという話はよく聞きます。女性サイドの話でも『あの男は女心を分かっていない』と豪語している子がいます。

どちらも大間違いです。

人種が違うのに理解できないのは当たり前ですし、理解されないのも当たり前なのです。そんな当たり前の事が理解できていないため、こんな言葉を口にしてしまうのです。

では女心を理解しなくてもモテる方法とは何でしょうか?

それは【私たち男と女性は違う人種である】とキチンと理解するだけなのです。

人種が違えば、行動や感情、したいこと、したくないこと、趣味や得意な分野が違います。それを【認める】ことがモテる男になる方法です。

人種が違うと理解することで、あなたと違う感情や行動をする女性について認めることが出来、イライラすることも無くなります。また、女性の要望に対して嫌な顔せずに受け入れることができるのです。

また、人種が違うと理解することで『こういう時はどうしようか?』とマメに確認を取れるようになります。確認は経験となり、ある程度パターン化されてきます。こういう時はこうする方がいい。という具合に。

男同士なら『この時は普通こうするやろ』といった共通の価値観からくる常識がありますが、人種が違えばキチンと確認するようになります。例えばあなたが外国人と生活することになったら、先ほど書いた行動を取るでしょう。

そうやって、人種が違う女性という相手を理解しよう・認めようという姿勢はやがて『女心がわかる男』という称号に変わるのです。女心なんて分かりっこないけども、他にいい言葉が見つからないのでそう言わせておけばいいでしょう。

もっと極論を言えば、全ての他人を認めることは女心を理解することに繋がると思って下さい。






このページの先頭へ