気くばりは女性を大切に思う心から生まれるマナーである

気くばりは女性を大切に思う心から生まれるマナーである

気くばりは相手を思う気持ちから生まれます。

女性に気くばりを出来ない男は女性を大切にする心が無いのです。あなたはそう思わないかもしれませんが、女性はそう思っています。

気くばりは女性を大切に思う心から生まれる

どんなに女性を大切に思っていても、気くばりが出来ないのなら本当に女性を思っていません。それほど【気くばり】というものは女性を大切に思っている証拠であるのです。

例えばあなたが新車を買ったとします。それも高級車で長年お金を溜めてやっと買えました。

もちろん傷はつけたくありませんので、車庫入れの時や洗車の時は細心の注意を払いますし、運転だって丁寧になります。

これが、大切に思う気持ちから生まれる【気くばり】なのです。女性を物に例えるのは非道徳的でもありますが、大切な女性がケガをしないように気くばりをするのは当たり前のマナーでもありませんか?

女性が男に求める気くばり

特に女性はこの気くばりが大切にされている証拠の1つとして認識しています。愛の証ですね。始めは気くばりをしてくれたのに、最近は気くばりをしてくれない・・・と思うようになると同時に『愛が冷めてきた』と口にします。

物でもそうですが、大切にする心があればキチンと答えてくれるものです。それはあなたがどんな人であれ、愛の証を示すために必要なことなのです。

また女性はあなたの【気くばり】を他人にも求めます。あなたが他人にも気くばりできるような【人を大切にする心を持っているか】を見ています。つまり、あなたが相手の女性に対していくら気くばり出来ていても、他人に対して雑に扱っているようであれば一切信用されません。






このページの先頭へ