告白を絶対成功させるために!告白の時に女性が待ってる言葉とは?

告白を絶対成功させるために!告白の時に女性が待ってる言葉とは?

好きな人への告白!男が女性への想いを伝える時は緊張して汗だくで手が震えるもんです。

勇気を振りしぼって女性へ告白をするのだから振られたくないのは当然です。

今回は告白の成功率を高くするために、告白の時に女性が待ってる言葉を紹介します。

告白の時に女性が待ってる言葉とは

マニュアル通りな男にはなりたくないのですが、告白の時に女性が待ってる言葉、言って欲しい言葉を知っておけば傾向が大方分かり、自分なりのオリジナルな告白方法が見つかるはずです。

成功率が上がる告白フレーズ

君のことが好き!『付き合って下さい!』

定番中の定番、ストレートな告白の言葉です。ありきたりな言葉ですが、いつの時代も破壊力があり自分の感情がそのまま伝わります。

【好き】という言葉を混ぜるのもポイントです。

ずっと好きだった!

これも定番でありながら、女性が期待している言葉の上位にランクインしています。こちらも『好き』というフレーズが入っていて、且つ『だった』と過去も含めて好きと言っているので、過去の思い出を思い出すと同時に全てひっくるめて好きであったことが喜びに変わります。

大好きです!

『好きです』だけだと、少し感情が伝わらないけど、『大好き』という言葉を言うと間接的に彼女にしたい!という感情も伝わります。

ずっと一緒にいてください

ちょっと腰を低くした告白の言葉。しかし、キチンとストレートに相手に感情を伝えているので男らしさを損なうことなく女性は言われて嬉しい言葉です。

幸せにしたい

自分の願望を言っていますが、キチンと告白として伝わっています。彼女が落ち込んでいる時に、慰めると同時にこの言葉で告白すると効果が高くなりそうです。

 

やはりこうして、女性が待っている告白の言葉を並べると【ストレートな告白】が基本であることがよくわかります。

カッコつけて意味が深すぎて『えっそれってどういう意味?』と聞き直されるような告白の言葉を言うよりはシンプルに気持ちを伝える方が良さそうです。

【キチンと女性の目を見て

やはり気持ちを伝えるためには、直接会って相手の【目】を見て真剣な表情で告白するべきです。

別に緊張していても何も恥ずかしくないし、女性への告白の成功率が下がるわけでもありません。

返って緊張が伝わった方が、気持ちがより強く伝わるものです。






このページの先頭へ