プロポーズちょっとまった!!プロポーズ前にお金をためておく事の必要性

プロポーズちょっとまった!!プロポーズ前にお金をためておく事の必要性

彼女とも付き合って○年目・・・そろそろプロポーズしようかな!

ちょっとまって下さい!プロポーズはタイミング勢いも大事ですが、それよりも大事なことはお金です。

プロポーズ前にお金の準備

男性よりも女性の方が経済的でお金の管理に長けている。

昔から言われていることでもあり、現在でも財布を握っているのは自分の妻である夫も多いでしょう。

女性はもちろん、プロポーズされて幸せの夫婦生活と【】もみますが、現実もしっかり見据えています。それが女性です。

つまり

あなた『俺と結婚してくれ!』

彼女『ありがとう!嬉しい!』

彼女『・・・でもこれから生活していくお金はちゃんと用意してあるの?

声に出さなくても必ずこのセリフが頭の中をよぎっています。

男性には悲しい現実ですが、将来生きていくためのお金は必須です。お金はあるに越したことはないです。

彼女があなたの収入を把握していれば、ある程度の将来のビジョンが見えてくるのですが、なかなか彼氏であるあなたに『お金どれだけあるのよ?』って普通聞きにくいものです。

したがって、プロポーズをする前お金の準備をしましょう。彼女に将来に対する不安を無くしてあげましょう。

それが男である以上の義務でもありますし、自分にとっても将来に対する自信がつきます。

『お金が無くても愛があればいいじゃないか』というのは、お金が1円も無いということではありません。普通の生活が出来るお金があった上で、楽しい思い出は愛と共に作られるということです。これ大事。

収入と支出の計算

近年は女性も働く【共働き】が基本となってきています。

つまり、あなただけでなく妻の収入も考慮できます。

ただ、それでも苦しい生活をしている家庭はたくさんあるわけで、妻の収入は無い物として考えてお金の計算をするべきです。

・結婚式をするのなら式の費用

・子供を授かる予定なら、育児費用

・家を立てるならその費用

・マンションを借りるにしても、家賃がある

・車

・生活費

・あなたの趣味に使うお金の確保

等々・・です。結婚してみないと必要なお金が分からなかったりしますが、大きな買い物ならば多少の想定はできます。

とりあえず直近に予定されているであろう、結婚式代の確保だけでも最低限しておくべきです。

プロポーズの後には結婚式の話になるのが自然の流れですから、彼女の表情が笑顔から真顔になるのを避けるためにも結婚式代の確保は必須です。

結婚式代の確保をしておけば、彼女の将来の資金繰りに対する不安も大方無くす事ができます(事前に用意しておける財力があると思ってもらうためです)。






このページの先頭へ