【甘える】はモテる男になるための重要なテクニックである!

【甘える】はモテる男になるための重要なテクニックである!

モテる男甘え上手という言葉がよく言われているのか分かりませんが、甘え上手な男はモテます。

ですが、甘え方甘える頻度甘えるタイミングは考慮すべきなので、説明していきます。

モテる男になるために甘えるテクニックを身につける

甘えるということ自体、【男らしくない】だの【気持ち悪い】だの言われますが、モテる男になるためには甘えることも必須条件と言えます。

しかし、【男が甘える】というのは程度が大事です。

友達にしろ彼女にしろ、適度な甘えは女性の母性本能をくすぐる効果もあるため、是非モノにしてほしいテクニックです。

また、『甘えたいけど男らしさを保つために我慢』という人も、適度に甘えることで男らしくないと思われることは無いので我慢せずに少し甘えてみてはどうでしょうか??

甘え方

女友達に甘える場合は、いきなり抱きつくのは危ないです。危険です。捕まるかもしれません。

女友達への甘え方で一般的なのは、【何かをしてもらう】が有効です。

例えば、一緒にご飯を食べに行った時に調味料をかけてもらう、取ってもらうとかです。自分で出来るのに頼むのです。『それぐらい自分でやりなさい』と言われたら素直に諦めるべきですが。

別にご飯だけに限ったことはなく、マッサージをお願いしたり、何か物を取ってもらったりささいなことでも構いません。

彼女に甘える時は、いきなり抱きついてもいいですし『今日は少し甘えたい』と言って断りを入れておき、長時間甘えるのもアリでしょう。

男らしさを求める彼女でも、『期間限定なら・・・』と多少のいきすぎた甘えでも許してくれますし、たまに甘える事で母性本能をくすぐることもできるため、恋愛を長続きさせるテクニックにもなります。

注意点として【あまり甘え口調を多用しない】ことです。女々しい口調は頼りない印象を与えてしまい、何もできない男と錯覚もされてしまいます。

甘える頻度

【常に】はNGです。

それ以外は甘えの程度によります。程度の軽い甘えであれば、毎回遊んだ時やデートの時にさりげなく甘えていれば相手も気にもしないでしょう。

程度が強い甘えは、何回か会った時に1回と決めておきましょう。『普段はこんなキャラだけど、意外な一面もあるんだな』と思わせるのがモテる為の目的なので『甘えん坊さん』と思われたらおしまいです。

甘えるタイミング

甘えるタイミングについては、割とチャンスが多いものです。

ケンカしている時、お互いのテンションが上がっている時、お互いのテンションが下がっている時は甘えても相手はイライラする可能性が高いので気をつけましょう。






このページの先頭へ