出会ってから仲良くなるまで【初めてのデートプランを考える~行き先編~】

出会ってから仲良くなるまで【初めてのデートプランを考える】

気になる女の子の連絡先をゲット!さぁ次はいよいよ初デートだ!

で、デートプランを考えだすと『○○ちゃんが好きなところってどこだろ?』『ご飯は何を食べたらいいの?』と初めてのデートにあたふたしてしまうものです!一体どんなデートプランがいいのでしょうか?今回は【デートの行き先】について書きます。デートでの食事は別の記事に書きます。

初めてのデートプランを考える

一体何をどうしたらいいのか分からない、女性が喜ぶところへ行かなくては!と張り切り過ぎて空回りする人をみかけます。

初デートまで発展しているので相手の連絡先はもちろん知っていると思います。また、気兼ねなく相手の好みを聞ける関係であるはず。

初デートの間違ったプラン

よくある失敗は『男がリードしなきゃ!!』と張り切って自分だけでデートプランを用意し相手の女性には当日までどこへ行くか黙っておくパターンです。

初めてのデートでは予定変更がつきもの。自分が考えたデートプラン通りに進むと思いこんでしまって、ハプニングでの急な予定変更に対応できなくなってしまいます。

こうなる前に事前にいくつかのデートプランを考えておいて、急な予定変更でも対応できるようにしましょう。

 

・・・それでも、これは間違った考え方です。

お互いどこへ行きたいのか

そうです、お互いが楽しまないと初デートは成功しません。何せまだ付き合ってないのが前提ですから1回目のデートが最後のデートと思ってお互い楽しめないと【】がありません。

お互いどこへ行きたいのか話し合うのが一番です。理想はお互いのプランの数を同等にすること。

例えばあなたが一方的に5個のデートの行き先を提案して、相手の女性は2つだけだったりとか。これじゃぁ自分だけでデートプランを考えているのと同じです。

女性は男に比べて、男に対して提案しにくいものですから女性のデートプランをどんどん聞き出すようにしましょう。

どこでもいいと言われた時】

そう!これが最も多く、もっとも僕たちを悩ませる言葉です。

あなた『じゃあ来週の日曜どこ行こうか?』

女性『どこでもいい』

あなた『・・・。で、でもどこか1つぐらいはあるでしょ?』

女性『どこでも楽しめるよ(ハート)』

あるあるシリーズです。どこでも楽しめるような言い方をしておきながら、デート内容がダメだと

女性『この間デートした男が本当にありえない男でさー』

と女友達に言っているに違いありません。

『どこでもいい』に込められた意図というのは50%ぐらいは【あなたの技量】を試していると思ってもらっていいです。『こいつは私を楽しませてくれるかな?』って具合に。オソロシイですね。

もちろん提案してくれる女性は頼もしいですが、初デート程『どこでもいい』率は高いです。

自分の中でプランをいくつも用意しておく

つまり、女性の『どこでもいい』を想定した上で、あなたはいくつものデートプランを用意しておくべきです!

お互いどこへ行きたいのか相談する時、相手のプランが無さそうな時は自分が思いつく限り用意しておいたデートプランを提案します。

何故この方法がいいのかというと、まだまだ知り合いたてで相手の女性のことを良く知らないあなたが、相手の女性に最適なデートプランを当てるなんてかなり難しい話だからです。

数打ちゃ当たるじゃないですけど、あなたがいくつものプランを提案したら『どこでもいい』と言っていた女性は『そこ行きたい!』と言ってくれるはずです!

それでも『どこでもいい』と一点張りな女性であればあなたが決めるしかありません。相手女性の好み等数少ない情報から、どんなデートが好きなのかを想像してプランを立てます。

『どこでもいい』一点張りな女性は、あなたの技量を試しているのか、まだそこまで仲良くないから遠慮しまくってるのどちらかです。

遠慮しているように感じたら、じっくり会話が出来る場所優先で【まずは仲良くなる】を優先で行き先を考えた方がいいです。

最後に初デートでよく行く場所を幾つか書きます。

  • 映画
  • 買い物
  • 水族館
  • ボーリング
  • ドライブ(レンタカーでもOK)
  • イベント(祭りとか花見・紅葉狩りもOK)
  • 共通の趣味で過ごす
  • 遊園地

ちなみに初デートで女性が行きたくないと考えている行き先はこのようになってます

パチンコ

競馬場

実家

一人暮らしの家

マンガ喫茶

カラオケボックス

占い

ゲームセンター

送信・返信・恋受信・2~お誘い&初デート★成功の鍵は携帯メールで決まる!~
モテるデート (男のモテ本 Vol. 2)
モテる出会い (男のモテ本 Vol. 1)
■関連記事






このページの先頭へ